DAIWA モアザン ミニエント 70S Newカラー 入荷!!

2020.02.15 Saturday

0

    JUGEMテーマ:通販

     

    DAIWA モアザン ミニエント 70S Newカラー 入荷しました。

     

    弾丸のように狙ったポイントに飛んでいく一口サイズのシャッドバイブレーション
    ベイ、河川でのバーサタイル性を追求した「湾奥のプリンス」大野ゆうき監修モデル

     

     

    ロッドを縦にジャークすることで、左右に大きくスライド。

     

    ■横風、向かい風にも負けない弾丸キャスタビリティ
    薄型シェイプのバイブレーションとは違う、丸みのある弾丸のようなシャッド系シェイプを採用。橋脚の奥、岸壁の際等ボートゲーム、ベイエリアでの攻略には欠かせないストラクチャ−のピンスポットを狙った通りに打ち込めるキャスタビリティとコントローラビリティを実現。見た目以上のキャスタビリティを発揮。

     

    ■小さくてもアピール抜群のハイピッチワイドバイブレーション
    コンパクトだからこそこだわったレスポンスとアピール力。
    スロー〜ハイスピードまで対応する安定したレスポンスとハイピッチアクション。

     

    ■扱いやすさを徹底追求
    バイブレーションにつきものの、飛行中にフックがラインにからむトラブルを徹底的に解消。
    フォールもスパイラルを軽減し、ライントラブルを排除。
    トゥウィッチ等の小技も効果的。

     

    アクションのコツ

    小さくとも明確なバイブレーションでアピール力は絶大。スロー〜ファストリトリーブまで対応し、ミノーのリトリーブスピードやアクションでは反応させきれなかったシーバスに口を使わせる。スローリトリーブでもフラフラとローリングアクションするのでボトムやミドルレンジにいるシーバスに対してもナチュラルなアピールが可能。流れが緩く水深の浅い河川のボトムをドリフトさせたり、港湾部のシャローフラットなポイントでボトムを小突きながらリトリーブさせたりしても効果的。明暗部やボトムストラクチャーといった着き場ではリフト&フォールも有効で、一口サイズのミニエントで違和感を与える前にバイトを誘うことができる。

    ウェイトがあり、シルエットの大きいバイブレーションでは攻略できなかったピンポイントの小場所やミノーでは攻め切れなかった水深のあるボトムを舐めるようなスローリトリーブでの使用も面白い。河川ではミノーに反応しないシーバスが多くいる中、ファストリトリーブと強いバイブレーションでシーバスのテンションを瞬間的に上げてバイトへと持ち込むことが可能。

     

    デイ&ナイトで使える3Dダートメソッド

     

    時合いの終盤でもバイトを出す大野ゆうきオリジナルテク】

    大野が「3Dダート」と呼ぶ、ミニエントのダートは、「流れが緩んでも、ベイトのイメージが残っている魚」には、恐ろしいほど効果的。そのロッドアクションから、デイのメソッドと思われがちだが、運河の明暗のような、「タメを作りたい」時には絶対に試して欲しい。流れが緩み「もう時合いが終わりか」とも思えるポイントからも、これなら、バイトを引き出せる場面が少なくない。狙ったレンジまで沈め、ラインスラックを入れた「パーン、パーン」というスローなワンピッチジャークで操作する。ダート後の絶妙のフォール姿勢と沈下速度がバイトを誘い、スラックがあるので、バイトも深く「獲った!」という満足度も非常に高い。

    ジャークの幅は水平〜60°まで。ワンジャークにリールのハンドル1回転が基本だが、飛距離とレンジでラインスラックを微調整して狙う。デイゲームで練習してみよう。

     

    ミニエント57Sでは攻めきれない水深、流れ、強風時、足場の高いエリア向けに開発

     

    ■ミニエントの最大の特徴である「3Dダート対応アクション」をそのまま受け継ぎつつ、ミニエント57Sでは攻略不可能だったシチュエーションを埋めるサイズアップ版が2年以上の開発・調整期間を経て遂に完成。

     

    ■鉄板バイブでは出来ないフォール、ドリフト、3Dダート、スローリトリーブ、繊細なアクション、樹脂バイブならではの性能をもった高汎用型スタンダートサイズバイブレーション。

     

     

    DAIWA モアザン ミニエント 70S Newカラーは、上記カラーの入荷です。

     

    当店ホームページはこちら⇒フィッシングショップ サンジョイホームページ

     

    メーカーホームページはこちら⇒DAIWAホームページ

     

     

    コメント
    コメントする