9月の鮎釣りはダイナミック!

2006.09.18 Monday

0

    7〜8月と子供たちの夏休みとあって、プール、プール、プール、キャンプと
    家族サービスに徹し続け、やっと9月に入り、それらから解放されて
    今年限りになるかも知れないアカメ釣りに出かけておりますが
    未だノーヒットノーラン完全試合の連続です。(涙

    で今回は、前回月ヶ谷でのバーベキューでご一緒したご主人と
    近くの川に鮎釣りに出かけました。
    前回生涯2回目の鮎釣りであったご主人も、飲み込みが良いので
    手ほどきは、そこそこにして、私も今回は約4年ぶりの鮎つりを始めました。
    友釣り専用区で、いつもは賑わう場所ですが、日曜日と言うのに台風の接近と
    ダムの放流で増水による濁りとで、貸し切り状態!
    これはかなりの、ハイプレッシャーと思いきや、ポイントを探っていると強烈なアタリ!
    増水で押しがきついので、流れの緩やかな方へ
    ためながら大事に誘導するも、無念の針ハズレ!
    気を取り直し、前回アタリが有ったポイント近くに入れると
    しばらくすると、先ほどとほぼ同じような会心のアタリ!
    これは大事に取り込もむと、23センチほどの良計の鮎!
    よしよしと気分良く、ポイントと思う所に導くと、またまた強烈なアタリ!
    これも大事に大事にフィニッシュに持ち込もうと思いきや無念のハリス切れ!
    気を取り直し、仕掛けをセットし直して、ポイントに入れて何気なく時間を覗くと11時過ぎ!
    昼からの仕事なので、なくなく後ろ髪を引かれる思いでタイムアップ!
    一緒に来ていたご主人は会社勤めの為、休日なのでポイントを伝えて、私は帰路に就きました。
    ハッキリ言って、一日やりたかった!!!
    それぐらい久しぶりの鮎つり、そしてこの9月の大鮎の釣りシーズンは楽しいです。
     

     

    増水時は、ゴミに苦戦させられます。
     

     

    大鮎とは言えないサイズですが、23センチで背掛かりしてくるファイターなら、十分と言えるサイズです。